営業:8:45~18:30
休日:土・日・祝日

  1. トップページ
  2. >
  3. 測量機
  4. >
  5. 距離計
  6. >
  7. レーザー距離計
レーザー距離計 DISTO D510

商品概要

4倍ズームのカラーファインダーで目標物がハッキリ見ることが可能です。測距範囲 0.05m~200m
商品詳細
IP65仕様で雨に濡れても、土埃がひどい現場でも安心して使えます!
↓ もっと見る

特長

大型カラーファインダー(4倍ズーム)
・大型カラーディスプレイの採用により、レーザードットが視認できない場合でも、クロスヘア中央部分に表示された測定対象を測定
・1倍、2倍、4倍ズームで測定対象を確実に捉えます。
・視差 ( レーザードット照射位置とクロスヘア表示位置の視差) は、ポイントファインダーが近距離にある測定対象に対して使用された時に発生します。 この場合は、ポイントファインダーを使用せず、レーザードットで測定対象を確認し測定します。

DISTO

水とほこりに強い IP65仕様
・雨に濡れても、土埃がひどい現場でも安心してお使いいただけます。 本体を構成するハウジングとキーパッドは、水と汚れに対し、十分に保護されています。
・汚れた時は、流水で洗い流しても問題ありません。
・IP65は電気機器器具の外郭による保護等級で、耐じんあい・耐噴流仕様となります。

DISTO

基準点から各測定ポイントまでの距離と高さを表示( Height Profile )
・この機能の操作はカンタンに行え、高価な測定機器を使用する必要もありません。 基準点を照射した後、各ポイントを順番に照射して測定します。
・基準点との高低差を測定するのに最適な方法です。 また、高低差を測定するだけでなく、本体からの水平距離も測定できます。
・墨出しのラインが直線かどうかの確認や、既存の床面のレベルを確認する際にも有効な機能です。

DISTO

測定方法

DISTO

DISTO

手書き図や写真と一緒に測定値をメモ!

無線通信のBluetooth機能搭載モデルで、無償アプリを使って iPhone や iPad に測定結果を記録できます。 このモデルに搭載されている Bluetooth Smart技術は、「Bluetooth Smart Ready対応機器」間でのみ通信が可能となり、従来 Bluetoothとの互換性はありません。 従って、Windows系パソコンやスマートフォンでは Leica DISTO D510 と Bluetooth接続ができませんのでご注意ください。

レーザー距離計と接続可能な機種

DISTO

Bluetooth Smart Technology ワイヤレスで iPhone や iPad と無償アプリで連携

アプリケーションのインストール手順

iTunes Store にて、「leica disto」と検索します。 アプリをダウンロードしてインストールします。 インストール後、Leica DISTO と接続します。(最初のみ) 測距したら、タッチパネルを操作して端末画面上で編集します。

DISTO

アプリケーションの概要

シンプルなスケッチをグリッド上に描き、レーザー距離計で測定した結果を転送して寸法を表示することができます。 予め用意した画像を利用したり、その場で撮った写真を取込んで利用することも可能です。 現場での測定やメモをとるための時間が大幅に削減できます。

構成品

本体、ホルスターケース、ハンドストラップ、単3形電池 × 2本、精度証明書CD-ROM(取扱説明書/安全の手引き)

仕様

型式 DISTO D510
測距範囲 0.05m~200m / 正確ですばやく信頼できる測距結果
測定公差 (※3) 標準測定公差:±1.0mm (※1) / 最大測定公差:±2.0mm (※2)
表示単位 0.0000m / 0.000m / 0.00m (単位はメートルのみ)
測定値自動記憶 測定した結果を自動的に 30件 保存し、任意に読み出し可能
通信形式 (Bluetooth Smart)iPhone や iPad への転記ミスのないすばやいデータ転送 
チルトセンサー 360°角度センサーによりスロープの傾斜や部分高測定が可能
カラーファインダー 大型カラーディスプレイで文字もクッキリ
ポイントファインダー 4倍ズームのデジタルファインダーでレーザードットが視認できなくても、
画面にて容易に確認
ハイトトラッキング
(チルトセンサーによる高さ測定)
測定対象面がレーザーを反射しないためにエラーとなるような建物や木の高さ測定が可能 (測距にはレーザー波の反射が必要ですが、反射がない環境でもチルトセンサーを利用して測定可能)
ハイトプロファイル 斜面などの高低差を測定 (チルトセンサーを利用した間接測定の一種)
IPコード (保護等級) IP65 (耐噴流、耐塵埃) 
ソフトウェア Leica DISTO Sketch ( iPhone / iPad 等で利用可能な無償アプリ)
電源 単3形電池 × 2本 ( 5,000回測定が目安)
サイズ / 重量 143 × 58 × 29 mm  (H×D×W) / 198g
レーザー距離計 Leica DISTO の測定精度は、一定の長さ以上では距離に応じて落ちる場合があります。 この測距誤差は通常、悪条件下で発生します。 (悪条件下とは: 周囲に強い光がある環境や反射の測距対象面、測距対象面が粗い素材の時など) ※1 : 反射率100% ( 白塗りの壁)、強い光がないこと、25 ℃の条件下で適用されます。 ※2 : 反射率10 から100%、強い光があること、温度-10 ℃から50 ℃の条件下で適用されます。 ※3 : 公差は、95% の信頼性で、0.05m から10m で適用されます。 最大公差は、10m から30m では0.1mm/m、30m から100m では0.20mm/m、100m以上の距離では0.30mm/m 発生することがあります。 ・ロングレンジモード LRモードに切り替えることにより、ターゲットプレート無しで、より長い距離を測定することができます。 屋外で強い日差しの下で測定する場合、シグナルが弱すぎて測定エラーとなりますが、ロングレンジモードでは測距時間が最大7秒間となり、通常測距モードで測定エラーになった距離でも測距が可能になります。 LRモードでも測距エラーとなる場合は、ターゲットプレートをご使用ください。 ・屋外での測定に際して 特に晴天時の屋外では、5~10m程度の距離でもレーザードットを視認することができない場合があります。 デジタルポイントファインダーのご使用または別売アクセサリ・レーザーグラスの使用をお奨めします。 ※ ターゲットとなる対象物の材質、測距環境により測距可能な長さは変化します。 ・日本国内での使用に関する制限事項 ① 日本国内で販売される レーザー距離計 Leica DISTO の表示単位は、計量法における単位規制に基づく表示となります。  (インチ、フィート、ヤード、坪等の表示はできません)  ② 日本国内でBluetooth機器を使用する場合は、電波法に基づく基準認証を受け、総務省令で定める表示(技適マーク)のステッカーが貼付されている必要があります。
商品お届けまでの流れ
お支払い方法について
配送について
計測機器購入前後安心サポート
計測機器(計測器・測定器・検査機器・非破壊検査機器・測量機・AED)購入なら計測機器通販専門サイト測定キューブ。計測機器をお探しなら、キーワード・カテゴリー・メーカー検索を使ってください。気になる計測機器を見つけたら、メールでお問合せが可能です(無料)。また自動見積もウェブサイト上で作成可能です(無料)。あの素材を測りたい、この条件で計測できる機械を探しているなど、あなたのご希望に合った計測機器情報がきっと見つかります。計測機器の情報が満載の測定キューブ【計測機器通販専門サイト】