ボッシュレーザー距離計

ボッシュレーザー距離計の選び方!ポイントと比較表で分かりやすく解説

レーザー距離計を使ったことってありますか??

レーザー距離計とはその名の通り、距離を測るための計測器。 対象物に可視レーザー光を当てることで、そこまでの距離を測定することが可能です。 巻尺で行っていた業務もレーザー距離計を使えば、一人で測定が出来るためとても経済的。 さらに、簡単に正確な数値を測定することが可能な優れモノです。

世の中にはたくさんのレーザー距離計が存在しており、ただ距離を測る機能だけではなく、様々な機能が付随した機器が続々と発売されています。 今回はそんな中でもドイツ生まれの世界的ブランド「BOSCH ボッシュ電動工具」製のレーザー距離計をご紹介いたします!

ボッシュとは?

ボッシュ(BOSCH)はドイツで1886年に創業された自動車部品製造メーカー。 技術力には定評があり、60もの国々に現地法人を持ち、販売・サービス拠点も含めると150カ国以上で事業を展開しているグローバル企業。

電動工具に関しても、近年では世界初のリチウムイオン電池搭載のコードレス工具を発売したり、電動工具の歴史を作ってきたメーカーです。 様々な電動工具を製造しており、レーザー距離計もその一つです。

ボッシュ製品の特徴としては

  • 高い技術力を持った企業だからこそ実現できる高性能・高精度な商品
  • 他メーカーと比べて低価格
  • クラフトマンシップの伝統があるドイツならではの安全性と耐久性
  • シリーズが豊富なので現場に合わせた機器がみつかる

などが挙げられます。

測定キューブでもたくさん種類がございますので、ここでは選定ポイントを踏まえ選び方をご紹介いたしますね。

目次

ボッシュレーザー距離計の選定ポイント2つ

ボッシュレーザー距離計を選ぶ時のポイントを、大きく2つに分けてお伝えします。 その2つのポイントとは、

 選定ポイント① 「測定距離」「価格」「屋内 or 屋外」で選ぶ

 選定ポイント② 「測定モード」で選ぶ

この2つです!

【選定ポイント①】「測定距離」「価格」「屋内 or 屋外」で選ぶ

早速ですが、ボッシュレーザー距離計の選定ポイント①の、

  • 測定距離
  • 価格
  • 屋内 or 屋外

の3つについてそれぞれ解説していきます。

「測定距離」で選ぶ

距離計なので測定距離を確認するのは大前提ですよね。 測定キューブ取り扱いの機器は30mから最大250mまで測定可能な機器を取り揃えているので、多くの現場に合った機器をお選びいただけます。

「価格」で選ぶ

価格ももちろん重要。 測定距離と金額は比例するので、予算などと照らし合わせてお選びください。 測定キューブでは値下げ見積依頼も受け付けておりますので、そちらもぜひご活用ください。

「屋内 or 屋外」で選ぶ

測定場所が屋内か屋外かも選定ポイントとして重要事項となります。 メーカー推奨用途が設定されておりますので、そちらを参考にしてみてください。

こだわりたい人向け「カラー液晶タイプ」と「データ転送機能付きタイプ」

上記3点の選定ポイントの他にも、特殊な機能を持ったタイプもあります。 こちらも、機種選びの参考にしてみてください!

「カラー液晶タイプ」

見やすく分かりやすいカラー液晶タイプを採用しているタイプ。 直感的操作がしやすく、暗い場所でも使いやすいタイプです!

「データ転送機能付きタイプ」

見やすく分かりやすいカラー液晶タイプを採用しているタイプ。 直感的操作がしやすく、暗い場所でも使いやすいタイプです!

ボッシュレーザー距離計 選定比較表①

型式 GLM30 GLM40 GLM500 GLM50C GLM80 GLM150C GLM250VF
距離 30m 40m 50m 50m 80m 150m 250m
推奨 屋内の寸法測定 屋外の寸法測定
商品画像
価格(税抜) ¥8,500~ ¥9,500~ ¥14,500~ ¥16,500~ ¥28,500~ ¥49,000~ ¥58,000~
測定範囲
(最小測定範囲)
0.15~30m
(1㎜)
0.15~40m
(1㎜)
0.05~50m
(0.5㎜)
0.05~50m
(0.5㎜)
0.05~80m
(0.1㎜)
0.08~150m
(0.5㎜)
0.05~250m
(0.1㎜)
保証期間 1年 2年 1年 2年
カラー液晶
データ転送機能
光源・波長・出力 レーザーダイオード・635nm・1mW以下(クラス2)
使用温度範囲(℃) -10~+45 -10~+50 -10~+45   -10~+50 -10~+45 -10~+50
保管温度範囲(℃) -20~+70 -20~+50 -20~+70
三脚用ネジ穴 1/4”
(6.35mm)
自己判断機能・測定値保存・加算・減算機能
測定基準点 本体後方端部 本体前方・後方端部、1/4”ネジ穴 本体前方・後方端部、1/4”ネジ穴、ストッパーピン後方端部
メモリー件数 2 10 20 30 20 50 30
電源 単4アルカリ乾電池×2本 充電式内蔵リチウムイオンバッテリー 単3アルカリ乾電池×3本 単4アルカリ乾電池×4本
商品ページ 商品ページを
見る→
商品ページを
見る→
商品ページを
見る→
商品ページを
見る→
商品ページを
見る→
商品ページを
見る→
商品ページを
見る→

【選定ポイント②】「測定モード」で選ぶ

選定ポイント①は参考になりましたでしょうか?続いて選定ポイント②をご紹介いたします。

ボッシュレーザー距離計には13個の「測定モード」があり、機種によって搭載されているモードが異なります。 その「測定モード」こそが選定ポイント②となります!

まず測定モードにはどのようなものがあるのかご紹介した後で、 測定モードごとの比較表をご紹介いたします。 名前だけではわからないモードもあるので、 そのあたりのモードについてはイラスト付きで解説します! 是非参考にしてみてください。

測定モード一覧

1.距離の測定 2.面積の測定 3.体積・容積の測定 4.連続測定 5.加算・減算測定

6.シングルピタゴラス

直角三角形の二辺(1.2)を測ることにより残りの一辺(E)を瞬時に知ることが出来ます。 1の辺を測定する時は、最小・最大測定モードの「最小モード」を併用して測定すると直交する距離を測ることが出来ます。

7.ダブルピタゴラス

障害物がある等の為に上記の直交点が取れない場合は、二つの直角三角形の三辺(1.2.3)を測ることにより(E)を瞬時に測ることが出来ます。 1の辺を測定する時は、最小・最大測定モードの「最小モード」を併用して測定すると、直交する距離を測ることが出来ます。

8.コンビネーションピタゴラス

あらゆる場所の部分的な長さ、高さを測定可能です。 重なった二つの直角三角形の三辺(1.2.3)を測ることにより、差の一辺(E)を瞬時に測ることが出来ます。 足場を必要とせず2階以上の場所のサイズが測れます。

9.台形斜辺測定モード

図のような傾斜面の距離(E)を測定することが出来ます。 底辺1、高さ2、3の3回の測定で自動計算します。

10.壁面積測定モード

まず高さAを測定します。 次に幅B1を測定すると面積が計算され表示されます。 2面目のB2を測定すると、1面目+2面目の面積が表示されます。 同様の手順を繰り返すと、常にその時点での総面積が表示されます。

11.等間隔測定モード

等間隔で柱を立てたり、机を並べたり、仕切り壁を設置したりするときに大変便利。 基準を測定して等間隔の設定もできますし、任意の長さを設定することも可能です。 操作音を設定することにより画面を見なくても測定することが出来ます。

12.最小・最大寸法の測定 13.タイマー測定モード

ボッシュレーザー距離計 選定比較表②

型式 GLM30 GLM40 GLM500 GLM50C GLM80 GLM150C GLM250VF
距離 30m 40m 50m 50m 80m 150m 250m
推奨 屋内の寸法測定 屋外の寸法測定
商品画像
価格(税抜) ¥8,500~ ¥9,500~ ¥14,500~ ¥16,500~ ¥28,500~ ¥49,000~ ¥58,000~
1.距離の測定
2.面積の測定
3.体積・容積の測定
4.連続測定
5.加算・減算測定
6.シングルピタゴラス
7.ダブルピタゴラス
8.コンビネーションピタゴラス
9.台形斜辺測定モード
10.壁面積測定モード
11.等間隔測定モード
12.最小・最大寸法の測定
13.タイマー測定モード
その他機能 自動加算機能 傾斜測定モード 傾斜測定モード 傾斜測定モード 傾斜測定モード、2か所測定ボタン
商品ページ 商品ページを
見る→
商品ページを
見る→
商品ページを
見る→
商品ページを
見る→
商品ページを
見る→
商品ページを
見る→
商品ページを
見る→

ボッシュレーザー距離計の選び方まとめ

レーザー距離計は、一つあればとても便利な計測器。 頻繁に距離を測る機会があるのであれば、一つ持っておくだけで面倒な巻尺計測とはおさらばできます。 レーザー距離計をお探しの方は、ぜひ自分の業務や用途に合ったレーザー距離計を選んでください。

測定キューブでは、他にもレーザー距離計を取り扱っているので、ぜひご覧ください。

レーザー距離計の一覧はこちら

お問合せ

「こんなことできる?」や「ほかの製品は?」などご不明点・ご質問がございましたら一度弊社へお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

測定器の販売なら測定キューブ!キューブを選ぶメリット

◆ 定価よりも安く購入できる!

測定キューブでは値下見積サービスを行っています。

ネットより気軽に依頼が出来るので、予算内で購入することが出来ます!

◆ 機種選定などが簡単!

簡単に機種が選定できる特集ページが充実。

ご希望にぴったりの商品が見つかります!

測定キューブで商品を探す→
測定キューブ注文の流れ