風速計選定ガイド

風速計選定ガイド!使用現場別におすすめの風速計を解説

気象観測や室内環境測定など、様々な場面で使用される風速計。

熱式や風杯型など種類も多くどのシーンでどの種類を使えばいいのか迷われたことはございませんか?

今回は使用現場ごとにおすすめの種類をご紹介いたします。

それぞれの特徴やおすすめポイントもまとめておりますので是非機種選びの参考にしてください。

風速計とは

風速計

風速計とは言葉の通り、風速を測定する機器です。

風速計には種類がたくさんあって、風速のみを測定する機器や風向と風速を同時に測定できる機器、ハンディタイプの小型の機器もあれば設置型で長期観測などに向いている機器など、幅広い種類がございます。

測定キューブでも現場に合わせて豊富な種類の風速計をご用意しております。

4種類の風速計を解説【熱式・ベーン式・風杯型・風向】

風速計にはたくさんの種類がありますが、当記事では

・熱式風速計

・ベーン式風速計

・風杯型風速計

・風向風速計

測定キューブで取扱いのある上記4種類に絞り、特徴を踏まえてご紹介いたします。

熱式風速計

★原理

通電状態にあるセンサーが、風で冷却されたときに生じる電気抵抗の変化を測定することで風速を測定します

■使い方

・センサーを測定箇所にかざし風速を測定

・手元でリアルタイムの風速を確認することが可能

特長
  1. ハンディタイプで持ち運びが容易
  2. 風速以外にも風温や圧力を同時測定可能な機器もあり
  3. 空調機器の測定やクリーンルームでの室内環境測定などに最適

ベーン式風速計

★原理

3~4枚の羽(プロペラ)で風を受け、風の力により羽を回転させ回転数から風の速さを計測(換算)します

■使い方

・プロペラ部分が風に対して垂直になるように持ち測定

特長
  1. 屋外・屋内問わず使用することが可能
  2. 排気口の風速測定や屋外での現場風速測定などに最適
  3. 操作が簡単で、軽量なハンディタイプの物が豊富

風杯型風速計

★原理

3個の風杯(カップ)で風を受け、風の力により羽を回転させ回転数から風の速さを計測(換算)します

■使い方

・クレーンや屋外現場の単管などに固定し測定

・データ記録も可能

特長
  1. 屋外や高所などの安全管理・風速管理などに最適
  2. データ記録を取ることで長期観測にも最適
  3. 気象庁検定付きの機器も取り扱いあり

風向風速計

★原理

垂直尾翼とプロペラが取り付けられており、風が吹くときの垂直尾翼の向きから風向を、プロペラの回転数から風速を測定します

■使い方

・センサーを屋外に設置しデータロガーや表示器などは現場事務所などに設置し測定

特長
  1. 風速だけでなく風向も測定可能
  2. データロガーを用いて長期観測に最適
  3. 気象観測や屋外での現場で用いられることが多い

風速計の選び方【使用現場別】

風速計に多様な種類があるのが分かったところで、実際の使用現場別でおすすめのタイプをご紹介いたします。

該当する使用現場をクリックしてみてください。

おすすめのタイプの項目に移動します。

熱式風速計がおすすめの現場

室内設備点検 空調機器の測定 クリーンルームでの風速測定
■選定ポイント

空調機器の測定や室内設備点検では風速以外にも風圧や温度の測定が必要で、熱式風速計にはその機能があり、1台で測定することが可能

クリーンルームでの風速測定では精度が重要、微風速まで測定できる熱式風速計がおすすめ

おすすめの熱式風速計を見る

ベーン式風速計がおすすめ

環境調査(簡易ハンディタイプ) ダクトや換気扇の測定 ドローン飛行前の風速測定
■選定ポイント

屋外・屋内を問わず使用できるため、環境調査やダクトなどの風速の測定を簡易に行える

手元で数値が見れるタイプが多いため、ドローンなど飛行前の風速を測定し、飛行の判断材料にすることも可能

おすすめのベーン式風速計を見る

風杯型風速計がおすすめ!

クレーンなどの高所の安全監視 環境調査(設置型) 屋外での長期観測(風速のみ)
データ保存機能有
■選定ポイント

高所に設置することが可能なので、高所の安全監視に最適

また屋外で使用することが出来、長期観測や環境調査などにも最適

おすすめの風杯型風速計を見る

風向風速計がおすすめ!

気象観測 屋外での長期観測(風向風速)
データ保存機能有
■選定ポイント

風向も風速も測定したい方には、風向風速計がお勧め

風向風速をまとめて長期計測できるため、屋外での長期観測や気象観測に最適

センサー部分のみの取り扱いあり

おすすめの風向風速計を見る

風速計種類別人気おすすめ商品4選!

現場に合った機種は見つかりましたでしょうか?

測定キューブでも複数の機器を保有しております。

種類ごとに測定キューブで特に人気の商品をご紹介いたしますので、ご購入時の参考にしてくださいね!

熱式風速計のおすすめ

熱線式風速計 DT-8880(エムケーサイエンティフィック)

人気

一台で風速、風量、温度を測定でき、その上低価格!

セットのソフトとUSBケーブルを使えばパソコンにリアルタイム転送が可能!

換気装置やクリーンルームの測定に最適です。

価格¥36,000(税抜)~

商品詳細を見る

アネモマスタープロフェッショナル(風速、温度) Model6036-00 (日本カノマックス)

細く、伸縮・折り曲げ自在なプローブを標準装備し、計測ソフト付きのオールインワンモデル!

小さな点検孔や狭い場所などに最適です。

価格¥128,000(税抜)~

商品詳細を見る
その他熱式風速計の一覧はこちら>>

ベーン式風速計のおすすめ

風速計 (ポケット型、防水) EA 3020 (エムケーサイエンティフィック)

お手頃

ポケットタイプで持ち運びに便利!

風速と温度を同時にデジタル表示できるので、屋外や屋内の空調システムなどの測定に最適です!

価格¥15,000(税抜)~

商品詳細を見る

デジタル風速計 DT-619(エムケーサイエンティフィック)

微風速も測定可能な、低価格の風速計です!

ダクト断面積の入力も簡単にでき、風量を自動計算して直接ディスプレイに表示します!

ダクトの換気風量測定、屋外の風速測定等多く活用可能です。

価格¥20,000(税抜)~

商品詳細を見る
その他ベーン式風速計の一覧はこちら>>

風杯型風速計のおすすめ

デジタル型液晶風速計 OWL-3S(大田計器製作所)

人気

微風から強風まで観測可能、観測データは、瞬間・平均風速・10分間最大瞬間風速を指示し、レベルメータで視覚的に表示します!

3点の風速警報機能があり、高所の安全管理などに最適です!

価格¥170,400(税抜)~

商品詳細を見る

風速 データロガー DT-187(エムケーサイエンティフィック)

お手頃

指定したロギング間隔で風速を測定日時とともに自動記録できます!

本体をパソコンに接続することでデータをダウンロードすることが可能なので環境調査などに最適です!

価格¥22,000(税抜)~

商品詳細を見る

風向風速計のおすすめ

風速・風向データロガー WindTracker-Pro(エムケーサイエンティフィック)

人気

連続して風速と風向をモニタリングし、1時間毎の風速と風向リポートを本体に保存することが可能!

平均風速や風速毎の総合時間が測定できるので長期観測に最適です!

価格¥110,000(税抜)~

商品詳細を見る

プロペラ型風向風速計(センサのみ) 30-T-420(大田計器製作所)

微風から強風まで測定可能で本体重量は3.2kgと小型軽量化!

取付方式は差込式で、鋼管製の支柱に差込固定するだけなので、高所における脱着作業も簡単です!※センサーのみの販売です

価格¥440,000(税抜)~

商品詳細を見る

風速計選定ガイドのまとめ

風速計の選び方がわからない!という方は、自分の現場やそれぞれの風速計の特長・ポイントを押させておくことで、選ぶのがとても楽になります。

風速計をお探しの方は、ぜひ当記事を参考にしながら用途にあった風速計を選んでください。

お問合せに関して

「こんな場合は?」や「この型式の風速計ってある?」「風速計でこんな測定できる?」など、ご質問や疑問点があれば、是非お問い合わせください。

弊社HPに載っていない商品でも取り扱い可能かお調べいたします!

購入後の校正・修理などアフターサービスも充実しております。

是非一度弊社へお問い合わせくださいね。

お問合せフォームはこちらから