【測定原理別】膜厚計選定ガイド!電磁式・渦電流式・超音波式で解説

【測定原理別】膜厚計選定ガイド!電磁式・渦電流式・超音波式で解説

外壁塗装の厚み測定、自動車の生産ライン、橋梁点検、プラントなどの修理・点検など、様々な用途で使用されている膜厚計。 様々な種類がある膜厚計ですが、今回はそんな膜厚計の選定方法について測定原理別に分かりやすくご紹介いたします。

ご購入をご検討されている方、情報収集をされている方、是非参考にしてみてくださいね。

そもそも膜厚計とは?

膜厚計とは言葉の通り、塗膜などの膜の厚みを測定する機器です。

自動車や外壁など新しくものを作るときにも使用されますが、それ以外にも点検修理などメンテナンスの為に使用されることも多々あります。 用途が多い分、使用現場も多様に渡り、現場に合わせた機種選定が重要になってきます。

膜厚計の測定原理と種類

まずは、測定原理とその原理ごとに測定可能な素地や塗膜についてご説明していきます。 この記事では、測定キューブで取り扱いのある膜厚計の種類に限りご紹介いたします。

電磁式膜厚計

測定原理 ~電磁式とは~

測定対象にプローブを接触させることで、磁石が持つ「引っ張る力(磁束密度)」の強さが変化します。 その強さはプローブから素地までの距離に比例するため、膜厚に換算し測定することが出来ます。

測定可能な素地と塗膜の種類
  • 素地:鉄、鋼、フェライト系ステンレスなどの磁性体
  • 塗膜:メッキ、ペイント、樹脂膜などの非磁性体

渦電流式膜厚計

測定原理 ~渦電流式とは~

プローブから電流を流すことによって素地に生ずる渦状の電流の大きさを計測します。 この電流の大きさはプローブから素地までの距離に比例するため、この距離を膜厚に換算することができます。

膜厚計 渦電流式
測定可能な素地と塗膜の種類
  • 素地:アルミ、銅、オーステナイト系ステンレスなどの非磁性金属
  • 塗膜:プラスチック、樹脂、ゴム、アルマイトなどの絶縁性被膜

超音波式膜厚計

測定原理 ~超音波式とは~

超音波は、材質の異なる境面で反射するので、そのはね返りの時間を計ります。 「音速×時間=距離」で計算することで厚さを算出します。塗膜の材質ごとの音速が分かっていることが条件です。

膜厚計 超音波式
測定可能な素地と塗膜の種類
  • 素地:金属、コンクリート、コンクリート、プラスチック、木など非金属も可
  • 塗膜:FRP、エポシキ、ウレタンなど

膜厚計測定原理のまとめ

3種類の測定原理をご紹介いたしましたが、測定キューブで販売している機器には電磁式と渦電流式が一緒になったデュアルタイプの膜厚計もございます。 合わせて比較表にまとめましたので、機器選びの参考にしてみてください。

素地 被膜
電磁式 鉄、鋼、フェライト系ステンレスなどの磁性体 メッキ、ペイント、樹脂膜などの非磁性体
渦電流式 アルミ、銅、オーステナイト系ステンレスなどの非磁性金属 プラスチック、樹脂、ゴム、アルマイトなどの絶縁性被膜
超音波式 金属、コンクリート、コンクリート、プラスチック、木など非金属も可 FRP、エポシキ、ウレタンなど
デュアルタイプ 電磁式と渦電流式どちらも可能
測定原理を見極めるポイントは下記3点!
  • 素地が鉄もしくは非鉄か
  • 被膜の素材は何か
  • 被膜の厚み(測定範囲)

測定キューブおすすめ商品

測定原理がわかったところで、測定キューブで保有のある機器の中でも特に人気の商品を測定原理ごとにご紹介いたします! 是非ご購入時の参考にしてくださいね。

電磁式膜厚計

● 電磁式膜厚計 Pro-1(サンコウ電子研究所)
お手頃 電磁式膜厚計 Pro-1

塗装/ライニングの測定に最適。現場用高性能膜厚計として、官公庁、試験場、大会社の規格、基準、内規に適合しています! 測定範囲は0~500μm・0.2~5mm(2列目盛)。

電磁式膜厚計 Pro-1の詳細を見る
● 電磁膜厚計 LE-373(ケット科学)
人気 電磁膜厚計 LE-373

磁性体上の非磁性被膜厚を測定。 片手で持てる小型軽量のコンパクトボディの上、多機能を搭載!測定範囲は 0~2500µmで比較的薄い被膜厚の測定も可能です!

電磁膜厚計 LE-373の詳細を見る

渦電流式膜厚計

● 膜厚計Pocket-Surfix N(エムケーサイエンティフィック)
お手頃 膜厚計Pocket-Surfix N

超小型で実用的な高精度なセンサーを使用。短時間で正確に非磁性金属 (アルミ・アルミ合金・銅・オーステナイト系ステンレス)上の被膜厚を測定可能。 測定範囲0~1500 μm。

膜厚計Pocket-Surfix N の詳細を見る
● 渦電流膜厚計 LH-200J(ケット科学)
人気 渦電流膜厚計 LH-200J

プリンタ内蔵なのでその場で結果をプリントアウトできます。 測定範囲は0~800μmで測定精度は50μm未満:±1μm、50μm以上:±2%と膜厚計の中でも最上位モデル! 非磁性金属上の被膜厚を測定可能。

渦電流膜厚計 LH-200Jの詳細を見る

デュアルタイプ式膜厚計

● デュアルタイプ膜厚計 「エスカル」 LZ-990(ケット科学)
お手頃 デュアルタイプ膜厚計絵スカル LZ-990

小型のセンサ一体型のデュアルタイプの膜厚計です。 自動素地判別機能を搭載!測定範囲は0~2000µm。データも約1000点保存可能。

デュアルタイプ膜厚計「エスカル」LZ-990の詳細を見る
● 電磁膜厚計 LE-373(ケット科学)
電磁式膜厚計 LE-373

電磁式・渦電流式のプローブがそれぞれ付属。 測定範囲は電磁式:0~2500µm、渦電流式:0~1200µm。 データ数は39000点!多様な素材、多様な被膜を扱う現場に最適な膜厚計!

電磁膜厚計 LE-373の詳細を見る

超音波式膜厚計

● 超音波式膜厚計 ULT-5000(サンコウ電子研究所)
超音波式膜厚計 URL-5000

コンクリート上、スレート板上、木材上の皮膜厚及び樹脂単体の厚さの3測定モード搭載の超音波式膜厚計! 測定範囲は0.5~6.0mm(探触子、測定対象による)

超音波式膜厚計 ULT-5000の詳細を見る

【測定原理別】簡単!膜厚計選定ガイドのまとめ

いかがでしたでしょうか。 ご希望の機器は見つかりましたか?「母材と素地はこれだけど測れる?」や「こんな時はどうしたらいい?」などご質問あれば是非弊社までお問い合わせください。 HPに掲載の無い機器でもお調べいたします。

お問い合わせはこちら 膜厚計商品一覧を見る

測定器の販売なら測定キューブ!キューブを選ぶメリット

◆ 定価よりも安く購入できる!

測定キューブでは値下見積サービスを行っています。

ネットより気軽に依頼が出来るので、予算内で購入することが出来ます!

◆ 機種選定などが簡単!

簡単に機種が選定できる特集ページが充実。

ご希望にぴったりの商品が見つかります!

測定キューブで商品を探す→
測定キューブ注文の流れ