トランスポインター PX10 測定器・計測器の購入なら【測定キューブ】 | 計測機器購入するなら 測定キューブ

0798-65-6350

営業:8時45分~18時30分
休日:土・日・祝日
FAX:0798-65-6351

トランスポインター / PX10 :コンクリート構造物診断機 

トランスポインター PX10は、トランスミッタから放射される磁場をレシーバーが検知し、壁や床の裏側のポイントを的確に把握できます。

トランスポインター PX10
商品ID 751
商品名 トランスポインター
型式 PX10 
メーカー 日本ヒルティ
標準価格 \150,000
販売価格 \140,600 税込価格 \ 151,848

貫通口施工位置の把握に。コンクリートやブロック造などの壁や床に貫通口を施工する際、ビットの出口位置をあらかじめ把握できます。反対に出口位置から穿孔開始ポイントを決めることもできます。X線方式のコンクリート非破壊検査でのフィルムの位置決めにも。

特長

  • 図面に頼ることが難しい現場で、煩雑な計測を繰り返すことや、試し穴の施工など、手間のかかる作業が不要に
  • 貫通口出口を狙って入口位置が決められるので、上向きの穴あけ作業が避けられます
  • トランスミッターから放射される磁場をレシーバーが検知

px10 px10

用途

  • 壁や床の裏側のポイントを的確に把握できます。 トランスミッターから放射される磁場をレシーバーが検知。壁や床の裏側のポイントを簡単に検知できます。
  • 貫通口施工位置の把握に。コンクリートやブロック造などの壁や床に貫通口を施工する際、ビットの出口位置をあらかじめ把握できます。反対に出口位置から穿孔開始ポイントを決めることもできます。
  • 壁や床厚の測定に。貫通口施工に使うハンマードリル、ダイヤモンドコアツールのビット長さを確認できます。
  • X線方式のコンクリート非破壊検査でのフィルムの位置決めに。
px10
コンクリートスラブの下面のポイントを上面から 探しあてるために(鋼製デッキを用いた合成スラブ 構造での探査んは使用できません)
px10
床の高さの違う部屋間での貫通口の位置決めに 
px10
X線検査時のフィルム位置決めに

使用方法

貫通口施工位置の把握/出口位置から穿孔開始ポイントの位置決め

貫通口施工位置の把握に。コンクリートやブロック造などの壁や床に貫通口を施工する際、ビットの出口位置をあらかじめ把握できます。反対に出口位置から穿孔開始ポイントを決めることもできます。

壁や床厚の測定

壁や床厚の測定に。貫通口施工に使うハンマードリル、ダイヤモンドコアツールのビット長さを確認できます。

床の高さの違う部屋間での角度のある貫通口の位置決め

角度のある貫通口施工の穿孔開始ポイントと出口位置も、付属の傾斜アダプターで容易に把握することができます。

構成品

本体(トランスミッター、レシーバー)、ストラップ×2、粘着ペースト、傾斜アダプター、両面テープ、マーカー、収納ケース、取扱説明書

仕様

型式 PX10
標準測定範囲 0.05~1.35m (測定する壁または床の厚さ)
平面位置測定精度 標準:200mmにつき±8mm (1mまで)
最小:200mmにつき±2mm(1mまで、金属の影響がない場合)
厚さ測定精度 壁や床厚の±5%
電池 9Vアルカリ乾電池 各1個 / 約 17時間使用可能
自動電源オフ 17分
耐候性(電池収容部を除く) IP56(防じん防水構造)
寸法 PX 10Tトランスミッター:160mm×95mm×33mm
PX 10Rレシーバー:210mm×95mm×33mm
重量(電池含む) PX 10Tトランスミッター:240g
PX 10Rレシーバー:275g

※コンクリート中の配筋状況などにより、上記より精度が悪化する場合があります。詳しくはお問い合わせください。

商品お届けまでの流れ
お支払い方法について
配送について
計測機器購入前後安心サポート
計測機器(計測器・測定器・検査機器・非破壊検査機器・測量機・AED)購入なら計測機器通販専門サイト測定キューブ。計測機器をお探しなら、キーワード・カテゴリー・メーカー検索を使ってください。気になる計測機器を見つけたら、メールか電話でお問合せが可能です(無料)。また自動見積もウェブサイト上で作成可能です(無料)。あの素材を測りたい、この条件で計測できる機械を探しているなど、あなたのご希望に合った計測機器情報がきっと見つかります。計測機器の情報が満載の測定キューブ【計測機器通販専門サイト】