0798-65-6350

営業:8時45分~18時30分
休日:土・日・祝日
FAX:0798-65-6351

風速計・風速データロガー :気象観測機器 


豆知識・比較表
はこちら
熱式と呼ばれる室内環境に適したものや、風杯やプロペラをつけた手持ちタイプのもの、長期観測に適した設置タイプのものまで、幅広い用途の風速計をご用意しております。また、風向と風速を同時に計測できる計測器もご用意しております。 風量の測定も必要な方はコチラ
お電話にてお問合せお急ぎのお客様・入力が面倒な方はお気軽にお電話にてお問合せください。
受付時間は平日の午前8時45分~午後18時30分(休日:土・日・祝日)です。

0798-65-6350  メールでのお問合せはこちら

風による放散熱量を利用したハンディタイプの風速計です。風速・風温のほかに、湿度が計れるタイプもあります。

ベーンとは、風車やプロペラの翼・羽の意味で、風車の回転数から風速を求める測定器です。

瞬間風速・平均風速・最大瞬間風速・風程など表示可能のものや、風速、風量、温度測定に合わせ微差圧を測定に適したものまで取り扱っております。

風速計・風速データロガー 販売について

風速計(風向風速計・風量計・アネモマスター風速計)などの種類
風速計をご購入の際は、タイプをご確認ください。風向き・温度・風量など計測できる項目にもご注意ください。

プロペラ式・翼車式(ベーン式)

3~4枚の羽(プロペラ)で風を受け、風の力により羽を回転させ回転数から風の速さを計測(換算)します。

熱線式(ホットワイヤ式)

熱線式:ワイヤに一定の電圧を加え、発熱させます。風による冷却と発熱が平衡した時の温度から風の速さをもとめます。(プロペラを回転させる必要がないため、微風速向きです。)
空調機器の計測などに。

ピトー管式

ピトー管は、風の流れに対して正面と直角方向に小孔を持ち、それぞれの孔から別々に圧力を取り出す細管が内蔵されています。その圧力差(前者を全圧、後者を静圧)をマイクロマノメーターで測定することにより、風速を計測することができます。
ピトー管は通常、高速域(5m/s以上)における風速校正用として使用されます。

超音波式

超音波が一定距離を伝わるのに必要な時間を測定し、風の影響による到達時間の遅れから風速を計測します。雨や霧などの大気中の水分子による影響を最も受けにくいです。気象観測用に。

風杯型(防水カップ式)

3個の風杯(カップ)で風を受け、風の力により羽を回転させ回転数から風の速さを計測(換算)します。屋外・高所などの安全管理・風速管理・計測に。

風車型(風向風速計)

垂直尾翼の付いた流線形風車型の風向風速計です。風向きが分かります。

最近見た商品

商品お届けまでの流れ
お支払い方法について
配送について
計測機器購入前後安心サポート
計測機器(計測器・測定器・検査機器・非破壊検査機器・測量機・AED)購入なら計測機器通販専門サイト測定キューブ。計測機器をお探しなら、キーワード・カテゴリー・メーカー検索を使ってください。気になる計測機器を見つけたら、メールか電話でお問合せが可能です(無料)。また自動見積もウェブサイト上で作成可能です(無料)。あの素材を測りたい、この条件で計測できる機械を探しているなど、あなたのご希望に合った計測機器情報がきっと見つかります。計測機器の情報が満載の測定キューブ【計測機器通販専門サイト】